本文へジャンプ


椛蜻アトリエではリフォームの設計・監理も行っています。

お気軽にご相談下さい。

Email  mail@ohsawa-atelier.net


 リフォームは設計事務所で設計を、施工は価格をしっかり比較してリフォーム会社で

 1.明確な比較ができないリフォーム会社の見積り

    工事を行うにはきちんと内容のわかる図面と見積書が必要です。多くのリフォーム

    会社では図面が無かったり、あったとしても良くわからない図面であったり、他の

    
会社と見積書を比較しようとしても、工事の内容がはっきりしていないので比較が
    
できないといったことがよくあります。

    設計事務所できちんとした図面を作り、複数のリフォーム会社に「同じ工事内容」

    で見積りを作らせて比較をしないと、本当にどこが安いのかわからないと思います。

    トイレやお風呂などだけを安くしておいて、その他は高く設定している場合もある
    ので全体の見積り比較をしないと、とても高い買い物になってしまうかもしれません。
    設計事務所で見積りを公平に査定することでこのようなリスクは防ぐことができます。

    

 2.デザイン性に優れた設計事務所のリフォーム設計                                              

    設計図が無いままに行き当たりばったりで工事を行えば、納まりがきれいにいかない
    のは仕方がありません。リフォーム工事は工期がとても短いので出来てしまってから
    思っていたのと違うということもよく起こります。詳細図を作り事前に検討すること
    でこそ使い勝手の良いデザイン性に優れた家を作ることができるのです。


 
3.耐震補強計算は設計事務所の得意とするところ

    木造住宅の耐震診断、耐震補強の設計は(財)日本建築防災協会で決められた「一般
    診断法」により計算を行います。この計算を行わないと補助金は受けることができま
    せんし、しっかりとバランス良く補強できているのかもわかりません。 木造住宅の
    構造をよくわかっている設計事務所は耐震補強についても安心して任せられます。

   
 4.違法建築とならないために

    リフォームによる間取りの変更にともない、既設の壁を抜いたり部分的に増築をした
    りすると、知らないうちに違法建築になっている可能性があります。 法規に詳しい
    設計事務所で建蔽率や道路斜線、壁量計算などを事前にチェックする事が必要です。


 
5.リフォーム設計の設計・監理料

    設計事務所でリフォーム設計・監理を頼む場合は、規模にもよりますが大体工事費の
    15〜20%の範囲だと思います。わたしたちのところでは床面積による算定方法を
    採用しています。お気軽にご相談下さい。
  
Copyright(C)2011 Ohsawa Atelier,Inc. All Rights Reserved.